優秀さとは

素晴らしいSEと仕事をしている。この仕事で私はディレクター兼UIデザイナーをしている。
このSEはおそらく私が出会った中でもっとも優秀な人だ。
これ以上の人材は見込めないだろう。
またこの彼を「共犯者」に仕立てることができたこの仕事を作ったCEOは本当にすばらしい。

強いチームとは「共犯」認識を持っていることだ。
もっとよく、もっと楽しく、もっと使いやすく、絶対に世界一に。
そんな空気ができればそれはもう素晴らしいチームだ。

彼を優秀だと思う理由はただ一つ、「やり抜く」からだ。
プロはある一定の技術は当然求められるけれど
最後に必要なのは「馬力」だ。

絶対にやり抜く馬力こそが優秀さの証だ。
そこに信頼が生まれ
ブランドが生まれ
未来に繋げられる。

馬力ないやつ、体力ないやつ、言い訳ばっかりして「結局やらないやつ」は優秀じゃない。
色々な知識はあるのだろうが、
使えてないのだから、私からしたらそいつは全然優秀じゃない。

優秀さとは、馬力だ。

それでもやっぱり言ってるだけのやつと
やってる奴の発光具合ったらえらい違いだ。
勉強でも仕事でも、
とにかくすごい奴っていうのはやり抜いている。

この辺を悟ってからまだ時間は経ってないんだけど
優秀さとはやっぱり馬力だ、絶対にやり抜く力だと思うと力がみなぎる。

私は自分が自分というブランドであるために
優秀じゃなければならない。
だから馬力がある、体力がある。
体力を保存するだけの運動量がある。

というわけでこんな良いお天気だけど
私は朝から仕事しているわけです。

まだまだ勉強も仕事も旅行もしたくてたまらない。
いつまで元気でいられるかわからないし
いつ死ぬかもわからない。

だから最後のその瞬間まで私が私でい続けるために
働くし、優秀であることを貫きたいです。



カテゴリー:ALISA

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。